GW ヨーロッパ旅行(クロアチア・スロベニア) 9.ドゥブロヴニク旧市街の城壁を海側からみてみた

城壁ウォークを終え時刻は15時すぎ、まだまだ日は暮れません。今度は旧市街の城壁を外からみるために観光船(グラスボート)に乗ってみようと思います。

スポンサードリンク


 

 

★観光船の乗り場

観光船の乗り場は旧市街の東側の旧港にあります。

 

 

観光船を運営している会社はいくつかあります。
ドゥブロヴニク旧市街 観光船チケット売り場

 

 

 

観光船についてはだいたいどれも似たようなコースを回っていたのでどこでもいいのかなあと思います。どこの会社も1〜2時間おきに運行していましたのでとりあえず、一番出発時間に近い会社を選んで申し込みました。
ドゥブロヴニク旧市街 観光船チケット

 

 

 

チケットになんて書いてあるのかわかりません(*´Д`)とりあえず時間と集合場所だけ伝えられました。

 

 

★いよいよ観光船に乗船

時間になり同じチケットを持っている人の近くで待機していたら、若い兄チャンがこっちに来いよーって感じでよんでくれました。そして乗り込んだ船がこれ
ドゥブロヴニク旧市街 観光船
なんか狭苦しくてちっちぇ船だなぁなんて思ってしまいましたが、この船の後ろの白い部分に乗ることができました。てゆーか8人ぐらいで後ろの部分に乗ってみんなで盛り上がっていました。日本語が話せる日系ブラジル人や「福」と書かれたカバンを持っているスペイン人などとお話しすることができてとても楽しかったです。

まあそんな話はさておき、観光船に乗り込んでいざ大海原へしゅっぱーつ!
ドゥブロヴニク旧市街 観光船からの眺め
ドゥブロヴニク旧市街 観光船からの眺め
ドゥブロヴニク旧市街 観光船からの眺め

 

 

 

旧市街の東側から西側まで移動しました。オレンジ色の屋根の建物が濃い青の海と淡い青の空に挟まれてとても美しく見えますね。
ドゥブロヴニク旧市街 観光船からの眺め

 

 

 

船は旧市街の城壁から離れスピードを上げて大海原へ向かっていきます。風がとっても気持ちよく、みんなテンションアゲアゲ状態でした。
ドゥブロヴニク旧市街 アドリア海の大海原

 

 

 

城壁から大海原へ離れた後は城壁が見えるように横向きに進んでくれました。
ドゥブロヴニク旧市街 海側からの眺め
撮影にはいい感じの距離感ですね。観光船を運転している兄チャンなかなかセンスがいいですわ。

しばらくこのぐらいの距離感で城壁の周りを旧港方面に向かいながら進んでいきます。周りの人たちは飽きたのか景色を見ずに会話に盛り上がっていました。話している言葉がスペイン語?っぽかったので私は会話に混ざれず。。。

 

 

東側の旧港側まで戻ってきたら他の会社のグラスボートがいました。この船、運転手の若い兄チャンと若い東洋人ギャル2人(日本人かどうかは不明)がいたのですが、景色は全然見ずに船の急発進や急停車などをして遊んでいました。この船に当たらなくてよかったです。。。
ドゥブロヴニク旧市街 グラスボート

 

 

 

こちらはオーシャンビューのホテルです。お高いんでしょうね。
ドゥブロヴニク旧市街 オーシャンビューのホテル

 

 

 

ドゥブロヴニクの海には小さな観光船だけではなく大型の豪華客船もいました。
ドゥブロヴニク 豪華客船

 

 

 

ドゥブロヴニクには小さいですがビーチもあります。
ドゥブロヴニク ビーチ

 

 

 

旧港に帰ってきました。旧港の船とドゥブロヴニクの街並みとスルジさんと青空のバランスが絶妙にいいです。
ドゥブロヴニク旧市街 旧港

 

 

 

観光船で楽しく喋った皆さんとはお別れして旧港を歩いているとお迎えの皆さんがいらっしゃいました。
ドゥブロヴニク旧市街 鳩
ドゥブロヴニク旧市街 猫

いや〜癒されます。

 

 

★再び旧市街へ

旧市街をフラフラしていて、なんとなくふと広場の建物を見ました。
ドゥブロヴニク旧市街 広場

 

 

 

前日から何度も見ている建物ですが、よ〜く見ると
ドゥブロヴニク旧市街 広場
数字が書いてあります。この後25⇨30に変わっていました。5分単位で変わる時計のようですね。

 

 

★少し早めの晩御飯は旧港のオープンテラス席で

まだお腹は空いていなかったのですが、日が暮れるまで時間がたっぷりあるのでご飯でも食べようかなと思います。昔ネットで見た旧港のオープンテラスにして見ました。
ドゥブロヴニク旧市街 オープンテラス席

 

 

 

飲み物は柑橘系のビールにしてみました。
ドゥブロヴニク旧市街 オープンテラス席

 

 

 

食事は左がアンチョビで右がタコとオリーブのサラダです。奥の飲み物はクロアチアのお酒のようです。味は・・・
ドゥブロヴニク旧市街 食事

 

 

 

こちらでは小粒ですが生牡蠣も食べることができます。
ドゥブロヴニク旧市街 生牡蠣

 

 

★再び再び旧市街へ

お腹いっぱいご飯を食べた後は旧市街のメインストリートに戻ってうろうろ。
ドゥブロヴニク旧市街 夕暮れ
ドゥブロヴニク旧市街 夕暮れ

 

 

 

夕暮れの旧市街を歩く猫。
ドゥブロヴニク旧市街 猫
旧市街の観光地はすべて回ったのでちょっと手持ち無沙汰になっていました。旧市街の同じところをうろうろーうろうろーうろうろとしていると、一人旅している日本人がそこら中を同じようにうろうろしていました。やっぱりみなさん手持ちぶたさになっているようです。

 

 

★そんな時に素敵な出会いが

そんなことを考えていたら、”Excuse me? Are you Japanese”ととても流暢な英語で声をかけられ、ふと見ると日本人の女性でした。英語ができない私は思わず「あっ、はい日本人です」と答えてしまいました。彼女も一人旅でGWにクロアチアを観光しにきていたようです。少し立ち話をしていたら意気投合してそのままバーへ!
ドゥブロヴニク旧市街 バー
バーでお酒を飲みながらお互いのこれまでの旅行話をしていました。どうやら彼女は超円高だった時代に1年間世界を旅していたみたいで、特に南米で半年間も過ごしていたようです。そのため英語だけでなくスペイン語も流暢に話していました。実は2016年のGWは南米に行ったのですが、行きたくなったきっかけは彼女と話したことがきっかけでした。

 

 

★再び再び再び旧市街へ

話が盛り上がりすぎて気づいたら完全に日が暮れていました。
ドゥブロヴニク旧市街 夜の旧市街
ドゥブロヴニク旧市街 夜の旧市街
 

 

 

この後もう一軒バーに行き、お互いの旅話の続きを話して盛り上がっていました。
ドゥブロヴニク旧市街 バー

 

 

気づいたら0時をすぎていました。私は次の日の早朝にドゥブロヴニクを出発するためここでお別れしました。彼女は次の日は隣のボスニア・ヘルツェゴビナかモンテネグロへ行ってみようかなぁと言っていました。私ももう一日滞在していたらお供させていただきたかったですが、また世界のどこかでお会いした時に取っておきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です