GW ヨーロッパ旅行(クロアチア・スロベニア) 18.ロンドン塔とグリニッジ

ロンドンに到着したので早速市内へと向かいます。市内へはぼったくりヒースローエクスプレスは使わずにのんびり地下鉄で向かいたいと思います。

スポンサードリンク


 

★地下鉄乗り場へ

ロンドンでは地下鉄をUndergroundと表現します。日本やアメリカではSubwayと表現するためちょっと迷う方がいるかもしれませんので注意してください。
ロンドン・ヒースロー空港 地下鉄乗り場
ロンドン・ヒースロー空港 地下鉄乗り場

 

 

ヒースロー空港からピカデリー線という路線に乗ってActonTown駅まで移動してディストリクト線に乗り換えてTowerHill駅まで行きます。
ロンドン・ヒースロー空港 ピカデリー線

 

 

ピカデリー線は車両の上部が削られて丸まったような形になっています。
ロンドン地下鉄 ピカデリー線

 

 

ピカデリー線の車内です。とても狭いですね。ピカデリー線はかなり昔に作られたようなのでトンネルの大きさが一般の路線よりも小さくなっています。
ロンドン地下鉄 ピカデリー線

 

 

TowerHill駅を降りるとロンドン塔が見えます。
ロンドン塔
ロンドン塔

 

 

降りたところはロンドン塔入り口の反対側なので正面側に移動します。移動途中にタワーブリッジが見えます。
タワーブリッジ

 

 

こちらは営業時間です。曜日に関わらず17:30には閉館するようです。
ロンドン塔 営業時間

 

 

こちらに入り口がありますのでチケットを買って中に入ります。
ロンドン塔 入り口

 

 

チケットを購入しました。24.50ポンドです。2009年の地球の歩き方を持っていたのですが値段は16.00ポンドと書いていたので6年で1.5倍に入場料が上がっています。
ロンドン塔 入場券

 

 

ロンドン塔では日本語のオーディオガイドをレンタルすることもできますのでレンタルしました。オーディオガイドを全て聞くには2時間必要だそうですが、私は16時過ぎに来たため受付のお姉さんのオススメのポイントのみオーディオガイドを使用することにしました。
ロンドン塔 オーディオガイド

★ロンドン塔とは

ロンドン塔建築の経緯はロンドンを守るための要塞を作ることが目的だったのですが、ロンドン塔の使用用途が多岐にわたり、造幣所・天文台・動物園・銀行などもありました。また政治犯や第2時世界大戦の捕虜などを幽閉したり、処刑場で処刑したりしていたようです。
現在も王室が使用している宮殿があるようですが、内部は公開され一部は撮影禁止ですがある程度自由に観光することができます。

★ロンドン塔内部

こちらは王の寝室などです。
ロンドン塔
ロンドン塔
ロンドン塔

 

 

礼拝堂のようなものもあります。
ロンドン塔

 

 

こちらは王室の遺品でしょうか。世界中の植民地から奪い取ったものを展示している盗品博物館で有名の大英博物館とは違い貴重な品なのでしょうかね。
ロンドン塔

 

 

内部にはいろんな建物がありますが時間がないのと勧められたところが撮影禁止だったため建物の外観だけを並べて行きます。
ロンドン塔
ロンドン塔
ロンドン塔
ロンドン塔
ロンドン塔

★ロンドン塔のカラス

ロンドン塔ではワタリガラスが飼育されています。ロンドンに大量に発生しロンドン塔にも住み着いたため当時の王が駆除しようとしたらしいが、占い師に「カラスがいなくなるとロンドン塔が崩れ、ロンドン塔を失った英国が滅びる」と予言され現在でも一定数のワタリガラスを飼育しているようです。
ロンドン塔 ワタリガラス

 

★フィッシュ&チップス

閉館ギリギリまでロンドン塔を満喫しました。ロンドン塔の入り口前には有名なフィッシュ&チップス屋さんがあります。以前ロンドンに来た時にも食べましたが、せっかくなので今回も食べたいと思います。
フィッシュ&チップス
フィッシュ&チップス
白身魚のフライが大き過ぎて見えていませんが下にフライドポテトが大量に敷き詰められています。22歳の時に食べた時はぺろっと食べれましたが、28歳の時に食べると脂っこ過ぎてちょっとしんどかったです。。。

 

★グリニッジ

ロンドン塔を後にして今度はグリニッジへと向かいたいと思います。ロンドン塔からグリニッジへはDLR(ドックランズ・ライト・レイルウェイ)という路線で行きたいと思います。
ロンドン塔の近くにTowerGatewayというDLRの駅がありますのでそこからCanaryWharf駅を経由してGreenwich駅まで向かいます。
なぜか当時はTowerGateway駅が閉鎖されており遠回りをして行きました。

 

 

DLRの車両はロンドン地下鉄と似ていますが、運転手はおらず自動運転で運行されています。
ロンドン DLR

 

 

Greenwich駅を降りたらイギリスらしい風情のある道が現れます。
ロンドン グリニッジ

 

 

グリニッジ天文台があるエリアへの入り口です。
ロンドン グリニッジ

 

 

5月のグリニッジ各施設の営業時間は17:00までのようで残念ながら天文台の中に入ることはできませんでした。
ロンドン グリニッジ

 

 

グリニッジ天文台の門の真ん前まで来ました。目の前の銀色のオブジェのようなものが東経西経0度の証です。
ロンドン グリニッジ

 

 

ちなみにこちらは6年前に来た時に撮影した写真です。東経西経0度の線が引かれてあり世界の主要都市の緯度経度が記されています。
ロンドン グリニッジ
ロンドン グリニッジ

 

 

入り口には24時間時計があります。
ロンドン グリニッジ

 

 

グリニッジから下ったところには国立海事博物館があります。
ロンドン グリニッジ

 

 

グリニッジはロンドンの東の郊外にあるのですがのんびりできるとても気持ちの良いところでお気に入りの場所です。
次回来る機会があれば天気のいい日に朝から行きたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お手数ですが、送信前にチェックを入れてください