GW 南米旅行(ペルー・ボリビア) 6.日帰りでマチュピチュへ①(未明のクスコからオリャンタイタンボへ)

この日は朝夜があける前にホテルを出発し、日帰りでマチュピチュまで行きたいと思います。
まずは、クスコからオリャンタイタンボという街へ出発します。
クスコからマチュピチュまでの行き方についての解説はこちらを参照してください。

 

スポンサードリンク



★未明のコレクティーボ乗り場

午前3時過ぎにホテルを出発します。ホテルのカウンターには誰もおらず真っ暗でした。
ホテルはオリャンタイタンボ行きの乗合バス(コレクティーボ)の乗り場から徒歩1分のInkas Tarabamba Hotelに泊まっていましたので、乗り場まで迷うこともありませんでした。
クスコ コレクティーボ乗り場

 

 

午前3時でホテルの中もホテルの外も誰もいなかったのですが、この辺り一体はチラホラ人がいました。その辺にいた兄ちゃんに”オリャンタ?”と聞かれたのでうんと頷いたらこれに乗れと指をさされました。
クスコ コレクティーボ乗り場

 

 

コレクティーボに乗り込んだら数人がすでに乗っていました。運転席の列を含め4列あり、後ろ3列は1列4〜5人ぐらい乗れそうでした。
クスコ コレクティーボ

★コレクティーボ情報

クスコ⇨オリャンタイタンボ 3:20⇨4:40

 

コレクティーボに乗り込んでから10分ほどで満員になったので出発しました。クスコ中心部は街灯もあり明るかったのですが、中心を離れるとだんだん暗くなって行きました。しかし街灯に変わって夜空を彩る満天の星がとても綺麗で、標高が高いからなのか星がとても近いように感じました。残念ながら私はiPhoneしか持っておらずしかも窓が汚れていたので写真はとっていませんが、満天の星空を眺めながらオリャンタイタンボへ向かいました。

 

★オリャンタイタンボ到着

途中、ウルバンバという街で2人を降ろしてオリャンタイタンボへ向かいました。所要時間は1時間20分ほどです。夜中で交通量が少なかったからなのか事前情報よりも早く到着しました。

到着したらすぐ隣にペルーレイルのチケット窓口がありますので、チケットを発券してもらいます。
オリャンタイタンボ ペルーレイル チケット窓口

 

 

チケット窓口です。午前4時半過ぎですがそこそこ人がいます。
オリャンタイタンボ ペルーレイル チケット窓口

 

 

ここにきて初めて知りましたが、この端末で整理券を発券してもらわないといけません。
オリャンタイタンボ ペルーレイル チケット窓口

私は外人旅行者なので右下のボタンを押下します。そうすると番号が記載された整理券が発券されますので、番号が呼ばれるまで待機します。
現在何番が呼ばれているかは、窓口の上のモニターに表示されていますので言葉が聞き取れなくても問題ありません。

 

 

10分ほど待っていたら番号が呼ばれたのでパスポートとネットで支払いを行った時のクレジットカードを渡してチケットを発券してもらいました。チケットといっても普通のプリンタでプリントされたA4の紙です。往復分発券してもらいました。
ペルーレイル チケット

 

 

まだ夜明け前ですが、マチュピチュへ向かう観光客向けに売店が空いていました。なかなか賑わっていました。
オリャンタイタンボ 売店

 

 

この日は5/1ですが、夜明け前のオリャンタイタンボはとても寒かったです。あまりにも寒過ぎて暖かそうなお茶のようなものを買ってみました。
オリャンタイタンボ お茶
不味くはないのですが、葉っぱが邪魔で飲みづらいです。葉っぱは硬くて食べれなさそうでした。

 

 

チケット窓口の隣にはカフェのような店もあります。寒さに耐えれない方はこちらで暖をとるのも良さそうです。
オリャンタイタンボ カフェ

 

 

駅の入り口です。チケットを持っているので入ってもいいのですが、出られないと嫌なのでまだ入らず。
オリャンタイタンボ駅

 

 

まだ時間はたっぷりあるので売店あたりをうろうろ。地元の人っぽい人もチラホラ見かけます。観光客はほぼみんなお店に入ってまったりしていました。
オリャンタイタンボ

 

 

夜が明けてきましたが、暇なので少し街をまわってみたいと思います。駅前は坂道の一本道になっていますのでとりあえず坂を登って行きます。
オリャンタイタンボ

 

 

坂道を少し登ったところです。石でできた壁です。これもインカ帝国の名残なのでしょうかね。
オリャンタイタンボ

 

 

途中川を発見しました。車が通る時以外音は全くしない場所だったので川のせせらぎが聞こえてきました。
オリャンタイタンボ

 

 

通ってきた道を振り返ってみました。普段山のない大阪平野に住んでいるせいか、目の前に山がそびえ立つ光景は圧巻です。
オリャンタイタンボ

 

 

少し上の方までやってきました。宿泊施設や旅行会社や飲食店などありました。
オリャンタイタンボ
オリャンタイタンボ
オリャンタイタンボ
オリャンタイタンボ

 

 

お店は全く相手いないので街をうろうろしてみました。このような石畳の道は風情があっていいですね。
オリャンタイタンボ

 

 

静かで平和な街を象徴するように鳩が飛んできました。
オリャンタイタンボ 鳩

 

 

野良犬もいましたが全く吠えられず。やっぱりこの街は平和ですね。
オリャンタイタンボ 犬

 

 

夜は明けましたが寒過ぎて震えそうなので駅近まで戻って先ほど見つけたカフェに入りました。
オリャンタイタンボ カフェ

 

 

特に名物はなさそうなのでコーヒーのみ注文。
オリャンタイタンボ カフェ コーヒー

 

 

コーヒーを飲み終えたところで時間になりましたので、いよいよ電車に乗り込みたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お手数ですが、送信前にチェックを入れてください