GW 南米旅行(ペルー・ボリビア) 9.日帰りでマチュピチュへ④(マチュピチュの中を歩く)

マチュピチュの絶景を満喫したところで、次はマチュピチュの中をまわってみたいと思います。今回は文章よりは写真がメインです。

 

スポンサードリンク



★マチュピチュ遺跡の中へ

こちらから遺跡の中へ入っていきます。
マチュピチュ

 

入口の横の階段はとても急なので気をつけましょう。
階段の先が見えないのでインフィニティ階段って感じかな(・д・)
マチュピチュ

 

なぜ、入口で渋滞ができているかというと入口から見えるワイナピチュをみなさん撮影しているようです。
マチュピチュ

 

入口にこのような、何かを引っ掛けるところがあります。何でしょうかね。
マチュピチュ

 

 

ここからは写真を一挙公開!
マチュピチュ
マチュピチュ
マチュピチュ
マチュピチュ
マチュピチュ
マチュピチュ
マチュピチュ
マチュピチュ
マチュピチュ
マチュピチュマチュピチュ
マチュピチュ
マチュピチュ
マチュピチュ

★閑話休題1 スタンド・バイ・ミー

途中崖の下を見ると鉄橋が見えました。
マチュピチュ スタンド・バイ・ミー
マチュピチュ スタンド・バイ・ミー
これはきっと、かのスタンド・バイ・ミーコースで通る鉄橋でしょうね。
逆にスタンド・バイ・ミーしている旅人たちは鉄橋からこちらを見ているのでしょうかね。

 

そんなことを考えながらまだまだ遺跡をまわって行きます。
マチュピチュ
マチュピチュ
マチュピチュ
マチュピチュ
マチュピチュ
マチュピチュ
マチュピチュ
マチュピチュ

★閑話休題2 ワイナピチュへの入口

マチュピチュの反対側にやってきました。こちらがワイナピチュへ登頂するための入口です。ワイナピチュ登頂予定の方はこちらでチケットとパスポートのチェックを受けて登頂しましょう!
マチュピチュ

 

 

さてここからは折り返しです。一気にいきます♪(*・д・)ノ
マチュピチュ
マチュピチュ
マチュピチュ
マチュピチュ
マチュピチュ
マチュピチュ
マチュピチュ
マチュピチュ
マチュピチュ
マチュピチュ
マチュピチュ
マチュピチュ
マチュピチュ
マチュピチュ
マチュピチュ
マチュピチュ
マチュピチュ
マチュピチュ

★閑話休題3 マチュピチュの水道システム

私がマチュピチュへ行く1か月ほど前にたまたまTBSの世界遺産という番組で見たマチュピチュの用水路がありました。流れ口で指を左から右にスライドさせると、表面張力で水の流れが止まり、逆向きにスライドさせると水が流れ出すという仕組みのようです。私もやってみたかったのですが、用水路に触れるのは禁止されているようなので断念しました。
マチュピチュ 用水路
マチュピチュ 用水路
マチュピチュ 用水路
マチュピチュ 用水路

 

 

なんやかんやでマチュピチュを1周してきました。まだ時間はありますので例のビューポイントへ行ってのんびりします。
マチュピチュ
マチュピチュ
マチュピチュ
マチュピチュマチュピチュ
マチュピチュ
マチュピチュ
マチュピチュ
マチュピチュ

 

うろうろしているとこのような動物もいました。
マチュピチュ

 

 

マチュピチュには3時間半の滞在でした。おそらく普通の旅人なら「滞在時間短すぎだろ(・д・#)」って言われそうですが、私にはこれぐらいの時間で充分満喫できました。一箇所にずっと滞在するよりもちょこちょこいろんなところをまわるスタイルの旅人はこれぐらいで充分だと思います。

 

 

マチュピチュ遺跡を後にします。
マチュピチュの入口付近にこのようなものがあります。
マチュピチュ 日本共産党
日本共産党が建てたものでしょうか?まさかこんなところで、日本語で世界平和を宣うものを見るとは思いませんでした。

 

 

ちなみにその横には階段があり、マチュピチュ遺跡の入口から鉄道駅があるマチュピチュ村への登山ルートが続いています。
マチュピチュ 登山ルート

 

 

帰りのバスのチケットは既に購入済みですが、バス待ちの行列ができていました。行きの電車で隣に座っていた欧州系白人金髪美女もこの列に並んでいたので、日帰りマチュピチュ観光組は3〜4時間ぐらいの観光でちょうどいいのかもしれません。

 

数本バスを見送ってようやくマチュピチュ村へ戻ってきました。
マチュピチュ村

 

 

お昼を過ぎたのでこの後は昼食へ向かいたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お手数ですが、送信前にチェックを入れてください