GW 南米旅行(ペルー・ボリビア) 10.日帰りでマチュピチュへ⑤(マチュピチュからクスコへ)

マチュピチュを大満喫して、今回の目的の1つを達成しました。これからのんびりとクスコまで戻りたいと思います。

 

スポンサードリンク



★マチュピチュ村でお昼ごはん

お昼ご飯を食べていないので、レストランを探してみたいと思います。
バス乗り場付近は坂道になっており、とりあえず坂の上の方へ登って行きます。
マチュピチュ村

 

坂をずっと登って行くとこのような入口があります。
マチュピチュ村 温泉
ここは温泉の入口のようです。マチュピチュ村には天然温泉があり、男女混浴で水着着用で入る温泉のようです。時間もあるので試しに行ってみようかと思いましたが、事前情報では温度がぬるくて汚いとの噂だったので入るのはやめました。GW期間ですが山なので少し肌寒いですし。

 

温泉の入り口から少し下ったところの細い路地にいくつかレストランがありましたので、こちらで昼食をとりたいと思います。
マチュピチュ村 レストラン

 

席に着きました。観光地のレストランらしくインカ帝国柄?の布が置いてあります。
マチュピチュ村 レストラン

 

標高が高いところにいるのでこれまでお酒を控えてきましたが、マチュピチュ村はクスコよりも標高が低いのとおそらく体が慣れてきたはずなので初のお酒をいただきます。
マチュピチュ村 ピスコサワー
これはピスコサワーというカクテルです。ペルーのお酒であるぶどうが原種のピスコにレモンと砂糖と卵白を混ぜたものでとても美味しいです。

 

こちらはアルパカのお肉とじゃがいもです。アンデス地方ならではの食事ですね。
マチュピチュ村 アルパカ

 

まったり食事とお酒をいただいた後は、再びマチュピチュ村の散策を行います。
マチュピチュ村

 

教会でしょうか、屋根の上に十字架があります。
マチュピチュ村 教会

 

広場がありました。おそらく電車待ちをしているであろう観光客がうじゃうじゃいます。
マチュピチュ村

 

もうちょっと時間があるので、鉄分を補給しに線路の方に行ってみます。
マチュピチュ村 線路
マチュピチュ村 線路
線路沿いにもレストランがあったのですね。こちらで昼食をとればよかったなぁとちょっと後悔。

 

鳩がいました。今日もペルーは平和です。
マチュピチュ村 鳩

 

街をうろうろしていると電車の音が聞こえてきたので線路の方を見てみると、鉄橋を電車が通過して行きました。
マチュピチュ村 電車

 

そろそろ電車の出発時間が近づいてきたので駅へ向かいます。
マチュピチュ駅

 

朝到着時はまだ開いていなかったお土産屋も、電車出発時間に合わせてピークを迎えているようです。
マチュピチュ駅 お土産屋

 

改札の中へ入ります。チケットはオリャンタイタンボで発券してもらっているのでチケット窓口へ行かず、直接改札へ向かいます。
マチュピチュ駅

 

行きと同じ青い車両の電車に乗り込みます。
マチュピチュ インカレール

★電車情報

マチュピチュ⇨オリャンタイタンボ 7:05⇨8:27

 

帰りは残念ながらヲタ席ではありませんでした。4人がけの席です。向かいの席には日本語が少し話せるコスタリカ人のおっちゃんで隣はおそらくコロンビア人のおっちゃんでした。
インカレール

 

インカ帝国時代に描かれた絵でしょうかね。
インカレール 絵
インカレール 絵

 

帰りの電車でも軽食が出てきました。
インカレール

時間は定刻通りにオリャンタイタンボに到着しました。
ちょっとコレクティーボに乗るのに遅れたため、オリャンタイタンボ出発が遅くなってしまいました。
さらにこのコレクティーボの運転手のにいちゃん、途中で彼女(奥さん?)を拾うために待っていたりガソリンスタンドによったりハンバーガーを買いに行ったりと日本ではありえない行動を起こしまくって、気づいたらオリャンタイタンボからクスコまで2時間もかかってしまいました。

★コレクティーボ情報

オリャンタイタンボ⇨クスコ 19:00⇨21:00

 

クスコでは、よくわからない広場で降ろされました。後から歩いていてわかったのですが、アルマス広場で降ろされたようです。
クスコ アルマス広場

 

ホテルに帰る途中なかなか屋台を見つけられなかったのですが、こんな料理を見つけたので買って見ました。
クスコ 料理

 

ヨーグルトかなと思ったのですが、食感はゼリーでぶどうジャムっぽいものがかかっています。
味は、うーん・・・って感じです。
クスコ 料理

 

明日は、次の目的地であるウユニへ移動したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お手数ですが、送信前にチェックを入れてください