GW 南米旅行(ペルー・ボリビア) 12.ラパスの空港から市内へ

13時前にラパスに着き、このまま乗り継いでウユニへ行く予定でしたが、予約したフライトがキャンセルになり思いがけない乗り継ぎ時間ができてしまったので、ラパスの市内へ行ってみたいと思います。

 

スポンサードリンク



★空港から市内へ

ラパスの空港から市内へは、クスコでも乗ったコレクティーボ(乗合バス)を利用します。
空港の到着口はターミナルの西の端でコレクティーボ乗り場は東の端にありますので移動します。

到着口には、明らかな白タクがうじゃうじゃいますので無視してひたすらコレクティーボ乗り場に突き進みましょう。

 

ラパスの空港は、エル・アルトという街にありますのでエル・アルト空港と呼ばれています。日本でいうと成田空港のようなものです。
エル・アルト空港

 

コレクティーボ乗り場までやってきました。
ラパス空港 コレクティーボ乗り場
空港からイザベル・ラ・カトリカ広場というところまでコレクティーボが走っています。
イザベル・ラ・カトリカ広場はラパスの街の中心を通り抜けた先の方にありますので、途中で降りたい人は降りたいところで降ろしてもらえます。
値段は、エル・アルトで降ろしてもらう場合は1.5ボリでラパスまで行く場合は3.8ボリです。
1ボリは大体15倍すると日本円になります。

 

これが、今回乗車するコレクティーボです。212番が空港路線のコレクティーボです。
ラパス コレクティーボ 212番

 

コレクティーボの中でのんびり待っているとごっつい人らがどんどん乗ってきて、気づいたらコレクティーボの中はぎゅうぎゅう詰めになってきました。
ラパス 空港 コレクティーボ

 

満員になって空港を出発しました。まずは、エル・アルトの市場近辺に止まります。特に乗り降りする人はいなかったのですぐに出発しました。
エル・アルト

 

エル・アルトは標高4000mの位置にあります。ラパスはすり鉢状になっているため、街全体が斜面に形成されているような感じです。エル・アルトからラパス中心地へはひたすら螺旋状に坂を下っていきます。
エル・アルトからラパスへ
エル・アルトからラパスへ

途中7月16日通りを通ります。何箇所かで人が降りていきました。最終的に終点のイザベル・ラ・カトリカ広場で降りた人は私一人でした。
7月16日はスペインの南米支配からの解放が始まった日とされています。

 

★ラパスを歩く

ラパスのメイン通りでもある7月16日通りはひたすら坂なので、少し上の方へ登ってみます。
見てわかるでしょうか?公園を撮影しましたが、公園の前の通りが斜めになっています。
ラパス

 

途中、売店がありました。
ラパス

 

標高がクスコよりも高いところにいますので、水分補給をしっかりします。5ボリでした。
ラパス

 

ひたすら坂道です。酸素も薄いのでゆっくり歩かないとすぐに疲れてしまいます。
ラパス

 

えーっと・・・信号無視です。
ラパス 信号無視

 

途中、鳩さんと出会います。ラパスは意外と平和なのですね。
ラパス

 

ラパスって意外と緑が多いのですね。標高高いからあまり木が生えていないのかと思っていました。ベンチではカップルがまったりしています。なんか治安が悪いと聞いていたのですが、案外平和な街なのですね。
ラパス

 

ラパスの中でも賑やかなエリアに来ました。高層ビルも建っていてとても都会チックです。
ラパス

 

なかなかな都会なのですが、坂道だらけというか坂道しかないので信号待ちではこのように急坂で車を止めることになります。マニュアル車だったらかなり辛いですね。
ラパス 坂道

 

ちょうどお腹が空いたのと、Wifiが使いたかったのと、ちょっと座りたかったのでここでお昼ご飯を食べたいと思います。
ラパス

 

なんの店かは外からわかりませんでしたが、Wifiの文字があるので入りたいと思います。
ラパス レストラン

 

メニューを見て、とりあえず白ワインを注文。
ラパス 白ワイン

 

パンのサービスがありました。有料だったのかな?真相はわからず。。。
ラパス パン

 

赤いのはケチャップで黄色いのはマスタードかと思ったらマヨネーズでした。なんとなく読めますね。
ラパス ケチャップ マヨネーズ

 

意外とおしゃれにしています。
ラパス ナプキン

 

そして、メインディッシュが到着しました。カルボナーラです。カルボナーラを頼んだ理由は単純にメニューを読めたからです。
ラパス カルボナーラ

ご飯を食べ、Wifiでなんとなくネットニュースを見てまったりしてからレストランを後にします。

 

7月16日通りにはCristoforo Colomboの石碑もあります。あの大航海時代のコロンブスのことです。どうやらポルトガル語っぽいですね。
コロンブス

 

こちらは誰でしょうか?噴水っぽいものです。
ラパス

 

バスターミナルがある中心地まで来ました。広場にテントみたいなものが置いてあります。
ラパス

 

この広場は観光の中心地となっていて、ここから大通りをそれて細い路地へ入っていくと風情のある石畳の道があります。
ラパス 石畳

 

しかし、気をつけないといけないのは人通りが激減することです。一応南米最貧国なのでひったくりには注意しましょう。
ラパス

 

山の方を見て見ました。標高4000m弱のところにいるのにこんなに高い山脈がそびえたっているのは圧巻です。
ラパス 山脈

 

お昼時なので犬さんもまったり。
ラパス 野良犬

 

なぜかわからないが、ラパスにはケーキ屋さんがいっぱいあったような気がします。
ラパス ケーキ

 

こちらは映画館みたいです。知っている映画はありませんでした。
ラパス 映画館

 

こちらはアイス屋さん。ボリビア人は甘いものが好きなのかな?
ラパス アイス屋さん

 

お昼すぎ、夕方前のラパスの気温は19度でした。
ラパス 気温

 

19度の割は肌寒く、長袖ジャケットを着ている人の割合が多かったです。
ラパス

 

マリスカル・スクレの銅像です。どうやら初代ボリビア大統領みたいです。
ラパス マリスカル・スクレ

 

ハートの芝生で鳩が戯れています。
ラパス

 

サンフランシスコ寺院というラパスで超有名な観光地です。寺院の前の道は急坂ですね。
ラパス

 

さて、時間になったので空港へ戻ります。コレクティーボに途中で拾ってもらおうと画策しましたが、残念ながら満員だったので相手にされず。仕方なくイサベル広場まで戻って乗車します。
ラパス イサベル広場

 

帰りは螺旋状の坂をひたすら登っていきます。
ラパス

 

 

6時間ほどの乗り継ぎ時間でラパスをお散歩しました。
この後は、いよいよラパスからウユニへと向かいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お手数ですが、送信前にチェックを入れてください